【ストール】タンスの肥やしにならない3つのポイント


今日の滋賀は日中21℃
暑がりな私にとっては
丁度いい過ごしやすい気温でした
でも夕方からちょっと気温が下がってくると
たちまち寒くなりますね。

コートを着るまでもない
こんな気温の時期

バッグに入れておきたいのが
ストールです。

みなさんも1枚はお持ちだと
思いますが

ちゃんと気に入って活用
できていらっしゃいますか?

また痛いところついて
しまいましたでしょうか?

今日はせっかく買ったストール
沢山活用するためのポイントを伝授します。

買う時にチェックする
ポイント

・寒さ対策が出来る
・オシャレ感が出る
・キレイ目にもカジュアルにも使える

この3つです。

ストールを購入される時
この3つをクリアしていると
使用頻度が高くなります。

 

私の今日のファッションで解説します
1日完全カジュアルです。

IMG_3629.JPG

ストールがない時→ある時 です
IMG_3666.JPG

 

 

全身コーディネートです。

IMG_3651.JPG

 

色合わせは

柄物のストールも持っておりますが
今日はトップスがチェックなのでとにかくスッキリと

ベルトとストールの色をこげ茶で合わせます。

IMG_3654.JPG

今日はまず
・寒さ対策が出来る
ここについて解説いたします。

ストールは
春夏に使える
綿100%やSILK100%
などの薄手のもの
重宝しますし

秋冬に使える
ウール100%やカシミア100%
など生地が分厚いもの
もよく使います。


今日しているストールは
CITRUS シトラス というメーカーで
ウール80%+SILK40%
の生地です

この配分絶妙で
夏の冷房対策にも使えますし
秋冬もウールが入っているので
極寒意外は重宝します。

つまり
1年中使えるヘビロテアイテム

とても重宝しています。