【60名の方とお逢いして】赤裸々に言いますと


去年の11月から個別相談をスタート
いたしまして今月5月まで半年間

「お一人お一人のお悩みを徹底的にじっくり聞こう!」


と決めて
60名の方

にお逢いいたしました。

スクリーンショット 2017-05-25 23.36.44.png

スクリーンショット 2017-05-25 23.38.06.png

スクリーンショット 2017-05-25 23.39.20.png

スクリーンショット 2017-05-25 23.38.45.png

 *お写真載ってらっしゃらない方もいらっしゃいます。

 

 本当に色んな職業の方にお逢いいたしました。

看護師
会社員
学校教師
会社経営者
美容師
整体師
ママ向け講師
セミナー講師
アロマリスト
ネイリスト
サロンオーナー
PC
インスタクター
ヨガインストラクター
インテリアコーディネーター
フラワーアレンジメント
。。。

女性が色んなところで活躍する時代に
なり
様々な生き方、職業が選べる時代になったんですね。

私にとっては
一体どんな職業の方が
どんなお悩みをお持ちなのか?
知りたかったので

お一人お一人、メールで事前に
お悩みをお聞きして
丁寧に精一杯やらせていただきました。

 

93%の方が
「私に何が似合うかわからないんです」
がお悩みでした。

 


そうですよね。

これさえわかればすごくスッキリ!!
先に進めますよね。

相談が終わって帰られる時は
みなさん本当に

腑に落ちられスッキリされた表情
でお帰りになられ

私も毎回、とてもやり甲斐を感じ
嬉しい気持ちになりました。

さあ、
ここから
一体何人の方が

本当に腑に落ちた内容を自分のものにされるのでしょうか?

 


本当にたくさんの方の考え方
お悩みに触れ
私が確信したことは
「ファッションはその方の
生き方そのもの」
なんだなということでした。

ここからは
赤裸々に言ってしまいますと

 

 

いろんなお客様とお逢いして
はっきり言えることは

お客様の発せられる言葉が
そのまま
その方のファション
だということでした。

 

「こんなものかなと思って着ています。」
という方は

残念なことに
「こんなものかな」という
雰囲気がその方の全身を纏って
らっしゃいます。

 

 


一方
「似合っているかわからないんですが、
私、この色が好きで」

「こればっかり履いているんですが
ジーンズが好きなんです!」

とわからないけれど
「好き」を大事に
着ていらっしゃる方は
それがたとえ
ちょっと合っていなかった
としても
とても生き生きしてらっしゃり
目に輝きがあります。

なぜなら
日頃から好き」を大事にされて
らっしゃる方はご自身の気持ちをとても
大切にされてらっしゃる方だからです。

自分を大事にしている方なんです!

 

美人とか美人じゃないとか
もう全く関係ないのです。

 

そして更に突き詰めると

 

「結果を知りたかった」

 

とい方と

 

「結果を知って変化したい」

 

という方の
2つ
に分かれるのです。

そのままの方と
変わっていかれる方

 

実はここに大きな分かれ道があります。

 


変わるのって
本当に怖いんです!!

「あーこんな風になりたい」
強烈な願望がありながらも

「現状維持」の方が安心安全

次の日には
「もうこのままでもいいじゃない」
という

 

もう一人の自分が安全な場所へと
戻してくれます。

 

もちろん
どちらを選択するかは自由
なんです。

 

でも、もし

「結果を知って変化したい」

と思われたのなら

今、「行動」するか
しないかで

 

未来は全く違う道になります。

スピードが早い2017年も
もうすぐ前半が終わろうとしています。

今、
少しでも自分の変化に勇気を持って
変化のスタートを切られた方と

悩みに悩み来年に持ち越すとのでは
全く進む道、出逢う人は
変わっていきます。

 

 

これは脅しではなく
私自身がここ2年
決断して行動した事で

 

振り返った時、全く違う未来が待っていたからなんです。

 

ここ2年で一生付き合って行きたいな
と思える人たちにも出逢えました。

 

これは人生において
今後、仕事をしていく上でも
私にとっては
最高の財産です。

 

でも、2年前
怖さで躊躇して
勇気が出せなくて
何もしなかったなら

今、こうやってみなさんに
メルマガをお届けすることもなかったでしょう。

 

今日はちょっと強烈に感じた
メッセージをお伝えいたしました。

 

あなたは

「ただ結果を知りたかった」

 

のでしょうか?
それとも

 

「結果を知って変化したい」

 
のでしょうか?

一度、ご自身に聞いてみて下さいね。

多くの方に起こしいただけたこと
本当に感謝いたします。